山口県のオンライン集客・マーケティングサポーター

オンラインマーケティング・集客のサポートはこちらから

PageSpeed Insightsでサイトの表示速度を確認する方法

 
この記事を書いている人 - WRITER -
山口県出身・在住。ー Webのチカラで地域を元気に ー 山口県で頑張る人のWebチカラでサポートしていきます。燃えてます!
スポンサーリンク

アナタは自社サイトの表示速度がどのくらいか把握していますか?

 

2018年7月にGoogleから「ページ速度がモバイル検索のランキング要素になる」ことが発表されました。

検索ランキングを決めるのに、200以上の要素とPageRankアルゴリズムなどの技術に加えサイトの表示速度が新たな評価対対象に。

 

サイトの表示速度は絶対に抑えておくべき要素となりました。

 

そこで、今回はサイト表示スピードがテストできるツール【PageSpeed Insights – Google Developers】を紹介します。

 

後半でサイトの表示速度が重要な理由についても説明しています。

 

PageSpeed Insights – Google Developersとは

PageSpeed Insights – Google DevelopersGoogleが提供するサービスです。

サイトの表示速度を調べることができ、表示速度改善につながる対策も具体的に教えてくれます。

 

PageSpeed Insightsの使い方

PageSpeed Insights – Google Developersを検索し、開きます。

 

[ウェブページのURLを入力]にサイトURLを入力し、エンターもしくは[分析]をクリックします。

 

分析結果が表示されます。

簡単でしたね。

 

分析結果を確認する

分析結果はこのように表示されます。(サイトによっては、【ページの速度】が反映されないことがあります)

 

0~100の数値で評価され、100に近いほど評価が高くなります。※上記画像は94

 

色は3段階あり、Good(緑)・Medium(黄)・Low(赤)となります。※上記画像はMedium(黄)

 

スコアで80以上、色でが一応の合格ラインになります。※上記画像は59・Low(赤)

また、モバイルとパソコンそれぞれに分析してくれます。

 

分析結果から改善方法を確認

PageSpeed Insightsではサイト表示速度を確認できる他に、サイト表示速度の最適化も提案してくれます。

上図のように、最適化についての提案が提示されます。

 

[修正方法を表示]をクリックすると、具体的な内容が記載されています。

 

専門的な知識を必要とする改善が多い中、比較的簡単にサイト速度改善につながるのが、画像サイズの圧縮です。

画像サイズを小さくすることで、読み込みデータ量を減らしサイトの表示速度を改善することができます。

まずは、画像サイズを小さく(圧縮)することから取り組んでみましょう。

 

 

 

サイトの表示速度はなぜ重要か?

サイト表示が遅いと何が問題なのでしょうか?

 

サイト表示速度が遅いとユーザーの離脱率につながる

Googleが2018年2月に公表した内容で

「コンテンツが完全に表示されるまでに3秒以上かかると、53%のユーザーはページを離れる」

引用:Think with Google

たった3秒。

表示に3秒以上かかるとユーザーの半数以上が離脱してしまう。

せっかくサイト訪問してくれたにも関わらず、表示に3秒以上かかると半数以上のユーザーが、サイト内容を見ること無く離脱していく。

 

恐ろしいですね。

 

サイト内容がどれだけ良くても表示速度が遅いだけで、検索ユーザーからダメなサイトと判断されるかもしれないのです。

2度と訪問することはないかも知れません。

 

モバイル検索のランキング要素になる

こちらもGoogleが2018年の1月に公式発表した内容です。

2018 年 7 月よりページの読み込み速度をモバイル検索のランキング要素として使用することを本日みなさんにお伝えしたいと思います。

引用:Google ウェブマスター向け公式ブログ

Googleは【Googleの使命】として「ユーザーを最優先する」と掲げています。

 

また、【Googleが掲げる10の事実】では、

3.遅いより速いほうがいい。

引用:Googleが掲げる10の事実

明言しています

 

Googleは「サイト表示を待つ時間は、ユーザーにとっては無駄な時間」と考えていることがわかります。

アナタもスマホで検索した際に表示が遅いサイトやコンテンツに、イライラしたりサイトに不安を覚えたなどの経験はないでしょうか?

 

Googleはユーザーを最優先に考えています。

 

つまり【表示速度が速いサイト】が、検索ユーザーの為になるということです。

サイト表示が遅いだけで、検索ランキングの上位に望めなくなり、サイトへの集客が下がってしまう要因になってしまいます。

 

まとめ:サイト表示速度は重要

「うちのサイトはYahooからの流入が多いからGoogleは気にしなくても」って声耳にしますが・・・。

  • Yahooの検索エンジンはGoogleのシステムを使用しており、基本的な検索順位はGoogleの検索順位と連動している。
  • 検索エンジンがどうこうではなく、表示速度が遅いサイトはそもそもユーザー目線ではない。

また、

  • 検索結果ランキングが、サイトへの集客率に関係する。
  • 検索ランキング上位表示が集客率拡大のカギ。

 

サイト表示速度が遅いのは「百害あって一利なし」

検索ユーザーの為になるサイトになるよう表示速度の改善をしましょう。

 

 

スポンサーリンク

Googleマイビジネス登録代行サービス

ローカル検索に有効なGoogleマイビジネス登録代行サービスです
・登録したいけどITが苦手
・手を付ける暇がない
そんな方の為に弊社が登録代行致します

この記事を書いている人 - WRITER -
山口県出身・在住。ー Webのチカラで地域を元気に ー 山口県で頑張る人のWebチカラでサポートしていきます。燃えてます!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© Groovy , 2018 All Rights Reserved.