山口県のオンライン集客・マーケティングサポーター

オンラインマーケティング・集客のサポートはこちらから

Googleドライブへアクセスする方法

 
この記事を書いている人 - WRITER -
山口県出身・在住。ー Webのチカラで地域を元気に ー 山口県で頑張る人のWebチカラでサポートしていきます。燃えてます!
スポンサーリンク
この記事の内容

無料オンラインストレージ「Googleドライブ」にアクセスする方法を解説します。

 

今の時代、画像や動画もスマホで簡単(しかも高画質で)に撮影することができます。私が子供の頃なんて「写るんです」とかしか・・・っと、おっさんアピールするのはおいといて。

便利にはなりましたが、困るのがデータ容量。高画質なんかで撮影しまくると、すぐにスマホのデータ容量がいっぱいになります。

いっぱいになるのを避けるためにパソコンやハードディスク、SDカードなどの記録メディアにデータを移したりと、面倒な作業が必要ですよね。しかも、ハードディスクやSDカードも、以前よりは安くなりましたが、それでもいいお値段しますよね。

 

そこで、使用して欲しいのが「Googleドライブ」です。

今回は無料で使えるオンラインストレージ「Gooleドライブ」にアクセスする方法を解説します。

 

Googleドライブアクセス方法

Googleアカウントにログインします。

※Googleアカウントが必要となります。アカウントを持ってない方は取得してください。

 

右上にあるメニューアイコン(Bento Menu:弁当メニュー)をクリックします。

 

Googleドライブのアイコンをクリックします。

 

アクセスできました。簡単でしたね。

 

 

Googleドライブとは?

Goolgleドライブは、Googleが提供するオンラインストレージのことで、いわゆるクラウドってやつです。

クラウドの説明は難しいので、「インターネット上にデータを保存できる」と解釈していただいていいと思います。Googleが提供している「Gmail」もそうですし、Microsoftの「OneDrive」もGoogleドライブと似たような機能を持ちます。

Googleドライブは15GB(ギガバイト)まで無料で利用でき、有料でも100GBまでは月額250円で使用することができます。

15 GB 100GB 200GB 2TB
無料 月額250円 月額380円 月額1,300円
年払い2,500円 年払い3,800円 年払い13,000円

※その他プラン(2TB以上)もあり。詳しくは公式サイトで確認ください。

 

また、

  • Googleドキュメント(Microsoftでいうワード)
  • Googleスプレッドシート(Microsoftでいうエクセル)
  • Googleスライド(Microsoftでいうパワーポイント)
  • Googleフォーム(アンケートフォーム)

などの機能もGoogleドライブ内から利用できます。

 

データの保存方法:パソコンの場合

パソコンからGoogleドライブにデータ保存する場合、データをドラック&ドロップ

 

もしくは、

Googleドライブ上で、右クリック→[ファイルをアップロード]→ファイルを選択で、アップロードができます。

 

スマホアプリも併用しましょう。連携するとさらに便利!

Goolgeドライブはスマホ用アプリもあります。パソコンと併用するとかなり便利なのでアプリもダウンロードしましょう。

Android端末は[Google Play]から、iPhoneは[App Store]から入手します。
アプリ検索でGoogleドライブと検索します。

 

入手します。

 

ダウンロードが完了したら[開く]をタップします。

これでアクセス完了です。

 

便利な機能1:複数アカウントが1個のアプリで管理できる

アプリでは複数のGoogleアカウントが管理できます。

こちらはiphoneの画面ですが、下にある[別のアカウントを追加]からアカウントが追加できます。

アカウントごとのドライブをアプリ1つで個別に管理することができます。

 

便利な機能2:同期

インターネット上でデータ管理をしているので、Googleドライブにアップロードしたデータは、スマホでもパソコンでも確認することができます。ハードディスクやSDカードなどに保管した場合、手元にないと確認することができませんが、Googleドライブでデータ管理すれば、スマホかパソコンさえ持っていれば、どこにいてもデータを確認することができます。

 

便利な機能3:データアップロードがどこにいても可能

もちろん、電波が入らない場所ではできませんが。

例えば、外出先でスマホの画像や動画のデータ容量がいっぱいになった場合、スマホからGoogleドライブへ直接データをアップロードすることができます。

旅行先で記念の写真を撮りまくって、データ容量がなくなってしまい「もう画像が撮れない〜ぃ!」って心配がなくなります。

 

スマホからGoogleドライブへのデータアップロード方法(iPhoneの場合)

アップロードしたい画像を選択し、アップロード(左下)をタップします。

 

アップロード先からGoogleドライブを選択します。※アイコンが表示されない場合は、[その他]をタップし、候補の中からGoogleドライブを選択します。

 

[アカウントの選択]で、アップロードしたいアカウントを選択します。

 

内容を確認して間違いなければ[アップロード]をタップするとアップロードが開始されます。

以上でアップロード完了です。

 

補足:データアップロード時の通信量について
アップロード時にはパケット通信料がかかります。容量が大きいデータをアップロードする際はwifi環境でアップロードした方が無難です。

 

他にもデータ共有が他者と簡単にできたり(同時に複数への共有も可能)など様々な活用方法があります。

 

まとめ

Googleドライブのアクセス方法をスマホアプリダウンロード&活用方法について解説しました。

データを保存するのに最適かと思います。

15GBまでは無料で使えるので、Googleアカウント持っているなら使わない手はありません。

データ保存以外の機能もあるので、ぜひ活用してみてください。

スポンサーリンク

Googleマイビジネス登録代行サービス

ローカル検索に有効なGoogleマイビジネス登録代行サービスです
・登録したいけどITが苦手
・手を付ける暇がない
そんな方の為に弊社が登録代行致します

この記事を書いている人 - WRITER -
山口県出身・在住。ー Webのチカラで地域を元気に ー 山口県で頑張る人のWebチカラでサポートしていきます。燃えてます!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© Groovy , 2020 All Rights Reserved.